月別:2018年3月

天気予報で花粉症対策

NO IMAGE

最近は民間の天気予報を中心に花粉の飛散量を予測して発表しているところが増えているので、これを利用することによってどれくらいの花粉が空気中に飛散しているか知ることが可能になります。
保湿化粧水代わりにもなるナノスチーマー
そのため、花粉の飛散量が多いと予想される場合はよりしっかりした花粉症対策をして花粉の飛散量が少ない場合はコストをかけない方法で花粉症対策をするなど臨機応変に対応することが可能になりますが、天気予報が外れることもあるように花粉予想についても予報の精度に絶対性があるわけではないので外れることもあります。
特に花粉が多く飛散される時期になってくると一度の気温変化でも飛散量がかなり変わってくることがあるので、天気予報で発表される気温の予想が実際と異なると花粉が空気中に飛散する量にもずれが生じる可能性があります。
ちなみに花粉の飛散量は気温や天気だけでなく風も影響を与える大きな要素になっており、風速も花粉の飛散量を予測する上で重要な要素になっていますが、同じ地域でも場所によって風の吹きやすいところや風が吹きにくいところがあるので当然ながら飛散する花粉量も異なることになります。
天気予報を参考にして花粉症対策を考える場合は予報の精度についても意識しておきたいものです。
雨でも風が弱い日でもまったく花粉が飛散しないということはないので最低限の花粉症対策はどんな時でも心がけることが大切で習慣することが対策として有効な策と言えるでしょう。